×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Vine Mac   - Vine Linux PPC on iBook で始めるリナックス -


■ 正規表現の活用 ■



正規表現とは、文字列をあいまいに表せる、一種の特殊文字を用いた表現です。

例えば、任意の文字列を現す特殊文字 "*" を使えば、
「*.zip」 とすることで、拡張子 "zip" を持つすべてのファイルを指定することが出来ます。
この "*" の様に特殊な役割を持つ文字は、「メタキャラクタ」と呼ばれます。

これら、「正規表現」と呼ばれるテクニックを覚えると、
ファイル処理や文字列の検索などで、柔軟な文字列指定が出来てとても便利です。

ここでは、Linux のコマンドライン(シェル)環境で使えるメタキャラクタを紹介してみます。


● シェルで使えるメタキャラクタ

* 0文字異常の任意の文字
? 任意の1文字
[ ] [ ] で囲まれた文字のいずれか1文字に一致する文字
\ 直後の文字をメタキャラクタとして扱わず、文字そのものとして扱う。

(例) カレントディレクトリ内の、拡張子 ".jpg" のすべてのファイルを削除する

$ rm ./*.jpg


その他、応用例は様々です。